インストラクター/
ガイド制度

JSPAインストラクターとして活動するためには、まずはJSPAの一般会員になる必要があります。一般会員になるにはJSPAの検定を受験しベーシックインストラクター(BI)もしくはアドバンストインストラクター(AI)の資格を取得する必要があります。
限定的な静水域(協会に申請したフィールド/エリア)でのJSPAインストラクター活動(B公認スクール)を行いたい方は、ベーシックインストラクター(BI)の資格を取得します。この資格はSUP、オープンカヌー、シーカヤック、シットオントップカヤック、リバーカヤック、レクリエーショナルカヤックの6つの艇種に分かれています。インストラクター自身またはゲストに使用したい艇種を受験してください。
ベーシックインストラクター(BI)検定は2日間行われ、講義と試験を行う知識課目と漕艇技術や指導技術の検定、そして安全技術の研修をおこないます。どれか1つでも基準に満たない場合は全日程再受験となります。なんらかの艇種で資格を取得した場合は一定の条件を満たせば技術課目だけの受験も可能になります。
場所を限定されない海での静水域(道路などにアクセスできる沿岸域など)や波が立たないような穏やかな川でJSPAインストラクター活動を行いたい方はアドバンストインストラクター(AI)の資格を取得する必要があります。こちらの資格もベーシックインストラクター(BI)同様に6つの艇種に分かれています。
アドバンストインストラクター(AI)検定は4日間おこなわれ、講義と試験を行う知識課目に2日間、漕艇技術や指導法の検定をおこなう技術課目2日間で構成されています。課目毎に単位制になっており、合格ラインに満たなかった課目を再受験し、資格を取得することが可能になります。ベーシックインストラクター(BI)同様に何らかの艇種でアドバンストインストラクター(AI)も資格を取得していれば、一定の条件を満たせば技術課目だけの受験が可能になります。
ベーシックインストラクター(BI)もアドバンストインストラクター(AI)も、静水域での活動が原則です。
エスケープが難しい海域や波がブレイクするビーチからの出艇を伴うツアーでのガイド活動を行いたい場合にはアドバンスト・シーガイドの資格が必要です。同様にクラス2以上の河川でのガイド活動を行いたい方はアドバンスト・リバーガイドの資格が必要です。
この資格を取得すると自身が持っているアドバンストインストラクター(AI)の艇種の範囲内で海や川での活動の制限が解除されます。検定は3日間でおこなわれ1つでも基準に達しない場合は全日程の再受験が必要です。
尚、JSPAの名の下にインストラクター/ガイド活動をするには、公認スクールに所属して活動を行うか、公認スクールを開設して行う必要があります。

インストラクター/ガイド資格説明

ベーシックインストラクター(BI)

限定的な静水域での活動(B公認スクール)

艇種:SUP、オープンカヌー、シーカヤック、シットオントップカヤック、リバーカヤック、レクリエーショナルカヤック

受験日数:2日間/全6単位(知識課目:3講義3テスト / 技術課目:漕艇技術検定、指導技術検定、安全技術研修)

アドバンストインストラクター(AI)

場所を限定しない静水域での活動(A公認スクール)

艇種:SUP、オープンカヌー、シーカヤック、シットオントップカヤック、リバーカヤック、レクリエーショナルカヤック

受験日数:全4日間 全12単位(知識課目:2日間 6講義6テスト ※各1単位 / 技術課目:2日間 漕艇技術検定、指導技術検定 ※6単位)

アドバンスト・シーガイド

海での限定を解除したガイド活動/自身が活動したい艇種でのAIの資格が必要

艇種:SUP、オープンカヌー、シーカヤック、シットオントップカヤック、リバーカヤック、レクリエーショナルカヤック

受験日数:3日間 全9単位(漕艇技術検定/安全技術検定/指導・ガイド技術検定)

アドバンスト・リバーガイド

クラス2以上の河川でのガイド/自身が活動したい艇種でのAIの資格が必要

艇種:SUP、オープンカヌー、シーカヤック、シットオントップカヤック、リバーカヤック、レクリエーショナルカヤック

受験日数:3日間 全9単位(漕艇技術検定/安全技術検定/指導・ガイド技術検定)

会員の種別/入会方法

正会員

協会が認めた公認スクール。
一般会員が公認スクール代表者を務め、協会の推奨する安全基準以上を満たし、且つ理事会が承認した事業団体です。 正会員として認定されるには、公認スクール規程に沿って事業団体が公認スクール申請を行い、理事会で承認されたのち正会員として認定されます。

Step1
一般会員
Step2
協会事務局入会申請
Step3
公認スクール委員会精査
Step4
理事会承認
Step5
正会員
一般会員

指導員検定会において、規定の単位を取得して協会が認定した方。
カヌーの技術・安全・ガイド指導など、必要最低限の資質を備え、認定後も精進し、信頼される質の高い指導者を志す方です。 指導活動において一般会員は、指導、ガイド等の活動を行う場合は、公認スクールに属し、その運営を安全円滑に進めるうえで、一般会員規程第5項の点に注意して活動にあたる必要があります。

Step1
指導員検定会
Step2
合格
Step3
入会申込書・入会金・年会費納付
Step4
理事会承認
Step5
一般会員

一般会員の概要

上記の通り「一般会員」とは協会もしくは公認スクールの主催の指導員検定会に合格した方となります。 インストラクターやガイドなどのパドルスポーツ事業者に限らず、検定を合格した後に「日々、安全なパドルスポーツの普及」に努めるパドラーすべてが対象となっています。 検定会では、そのための知識や技術を必要としますが、安全なパドリング指導を行う組織/団体としての最低限のステップと考えております。

またJSPAは、検定に合格することがゴールではなく、そこをスタート地点と考え、「日々研鑽に努めること」が重要と考えております。 そのため協会は会員を対象に、各種研修会を開催するなど、指導員としてのスキルのブラッシュアップとなる機会も提供しております。 また公認スクールや公認スクールに所属する一般会員と準会員の皆様には、JSPA保険(賠償責任保険)やCONE保険(賠償責任保険・旅行傷害保険)を充実した内容で用意されています。

検定会について

検定会は毎年全国各地で開催されています。

アドバンストインストラクター(AI)の検定会は、主に協会が主催し、年間に2〜3箇所程度で開催されています。また会場毎に検定する艇種が決まっています。日程に関してはJSPAのHPでご確認頂くか、事務局へお問い合わせください。

ベーシックインストラクター(BI)の検定会は、検定員の資格を所持している公認スクールが 随時開催することが可能です。
受験を希望する場合はJSPA事務局に受験艇種やお住まいのエリアを伝えて頂ければ、お近くの検定員を紹介します。但し、検定を行うためには協会への申請や会場の手配など準備が必要になるので、受験希望日時の1ヶ月以上前にお問い合わせください。

アドバンストガイドの検定は、毎年シーガイド/リバーガイドともに1箇所で開催しています。但し年毎に艇種の制限をしていますので各艇種毎年行っておりません。艇種や日程に関してはJSPAのHPでご確認頂くか、事務局へお問い合わせください。

上記の検定を受験する前に その検定に向けた事前講習会を受講することができます。この事前講習会は検定員の資格を持つものが開催することができますので まずは事務局にお問い合わせください。

検定会受験ご希望の方は、下記の資料をご確認のうえ、不明な点があれば事務局までお問い合わせください。

検定会 関連ファイル

検定会のご案内
検定課目ガイドライン
2020
JSPA
検定会受験申込書
JSPA
検定会受験申込書
JSPAベーシック検定会
受験申込書
JSPAベーシック検定会
受験申込書
JSCA検定員ガイドライン
2020

JSPA 動画